01

コート紙

表面がつるつる・テカテカしていて平滑性が高く、写真やイラストの表現に優れています。写真を多く使う飲食店の新聞折り込みチラシやDM(ダイレクトメール)はがきに最適。
用紙の表面に塗料をコーティングしたグロス系の塗工紙です。

  • 光沢あり
  • 写真向き
  • 筆記性×
  • スタンプ×

オススメの印刷物

  • ・新聞折り込みチラシ
  • ・ポスティングチラシ
  • ・写真が多く入ったチラシ・フライヤー
  • ・色を多く使ったカラフルなチラシ・フライヤー
  • ・告知用のポスター

02

マットコート紙

しっとりした質感のマット系塗工紙。
着色効果が高い一方で適度な光沢があるため、落ち着いたイメージで高級感を出したい場合に適しています。

  • やや光沢
  • 写真向き
  • 筆記性△
  • スタンプ△

オススメの印刷物

  • ・イラスト等が入ったチラシ
  • ・会社案内
  • ・製品紹介パンフレット
  • ・カタログ
  • ・名刺(特に背景がベタ塗りのものなど)

03

上質紙

ナチュラルで温かみのあるデザインにおすすめ。
鉛筆やボールペンで書き込むことやスタンプの押印も可能。
コート剤をコーティングしていないため光沢がなく、色は少し沈みます。

  • 光沢なし
  • 筆記性○
  • スタンプ○

オススメの印刷物

  • ・書き込みを前提としたチラシ
  • ・会議などで使用する冊子
  • ・問診票&カルテ
  • ・アンケート用紙

用紙の種類の選び方

上記の3種類の用紙には、それぞれ一長一短があります。
用紙を選ぶ際には、3つのポイントが重要です!!

発色性 イメージ

発色性

デザインには写真やイラストを
含みますか?

加筆性 イメージ

加筆性

何か書き込む予定はありますか?

光沢感 イメージ

光沢感

表面に光沢感は必要ですか?

この3点を考えて
用紙を選択してみてください!

用紙の厚さ

用紙の厚さ イメージ

用紙を選ぶときに表示される「kg」は、実は用紙の厚さを目安として表しているものです。紙の厚さは、「原紙1000枚分の重さが何kgになるか」で表しています。kg数が大きくなるほど紙の厚さは厚くなります。印刷用紙の原紙サイズはいくつかありますが、アド・コアでは四六判(四六判(しろくばん)=788mmx1091mm)という紙の原紙サイズでの表記に統一しています。用途にもよりますが、紙は厚くなればなるほど、安心感・信頼度が増します。

コピー用紙とほぼ同じ厚さです。光沢紙では73kgの仕様になります。

こんな印刷物によく使用されています

  • ・新聞折り込みチラシ
  • ・ポスティングチラシ
  • ・アンケート用紙
  • ・FAX用紙、応募用紙など

コピー用紙よりも少ししっかりとした厚さです。

こんな印刷物によく使用されています

  • ・新聞折り込みチラシ
  • ・ポスティングチラシ
  • ・イベントのフライヤー
  • ・冊子の本文用紙
  • ・回数券
  • ・折パンフレット(折チラシ)など

文庫本の表紙、映画のパンフレットによく使用されている厚さです。

こんな印刷物によく使用されています

  • ・折パンフレット(折チラシ)
  • ・冊子/カタログの表紙
  • ・ポスター
  • ・フライヤー
  • ・チケット・金券

CDジャケット、女性誌の表紙によく使用されている仕様です。

こんな印刷物によく使用されています

  • ・ポスター
  • ・フライヤー
  • ・会社案内
  • ・冊子の表紙
  • ・チケット
  • ・金券
  • ・折パンフレット(折チラシ)
  • ・CDジャケット