チラシで集客をする時、どんな色でチラシを作っていますか?
なにげなく使われていると思われがちな「チラシの色」が、反応率を変えていることもあります。
チラシの反応率・集客力を上げるには、製品やサービスとチラシの色のイメージが合っていることが大切!
まずは基本の8色が与えるイメージや特徴を知って、上手にチラシの色を選びましょう。

 

1.アクティブな色の象徴「赤」

赤が与えるイメージ例
・激しい・元気・情熱的・活発・暑さ・辛さ・おいしさ・安さ

チラシで食欲や活力を湧かせたい時におすすめ。
赤は活力や生命力を喚起させる色です。特に食欲を湧かせる色であり、
飲食店のチラシなどではポイントに欠かせない色となっています。
チラシやポスターのメインカラーにすれば、活発で元気な雰囲気を伝えることができます。
ラーメン店、焼肉店、激辛料理店、居酒屋など飲食系では比較的よく使われる色です。
また、スーパーのチラシやセールなど、安さを強調する場合にも多く使用されます。

 

2.誠実さと爽やかさの「青」

青が与えるイメージ例
・落ち着き・信頼・誠実・知的・さわやか・涼しい・寒い・透明感・水、海、空

信頼を勝ち取りたいサービスの宣伝に。
青は「ルールを守る」「信頼できる」「落ち着いている」といった、しっかりしたイメージを与える色。
特に深い青や群青・紺色等はマジメで知的な印象を与えるため、大手銀行や証券会社等でも好んで使用されます。

顧客との信頼関係築きたい、といった場合のチラシには、好感度アップ有効とに有効と言えるでしょう。
青は一般的に最も好まれる色で、様々な要素を表すのに用いられます。
企業にとっては、信頼や信用といったイメージの他、権威的、企業としての正当感といった要素も伝えられる場合があります。
また、海や空の色ということもあり、落ち着いているという印象や調和的であるという印象もあります。
一方で、『ブルーな気持ちになる』という言葉があるように、悲しさや落ち込み、憂うつと結びつけられることもあります。

 

3.光や太陽を想起させる色「黄色」

黄色が与えるイメージ例
・ハツラツ・おさない・子供らしい・新しい・元気・幸せ・快活・注意喚起

もっとも明るい色。
ポジティブな気持ちを促す他、認識しやすい色なので注意喚起やポイントに使用する事が多いです。

黄色には人間に「危険」を知らせ、注目を引く色でもあります。
黄色と黒の組み合わせは最も強い注意喚起を促す組み合わせです。
ただしチラシの全面に濃い黄色を使うと、印象がクドくなることもあるので注意しましょう。
ポイントカラーとして、コピーやタイトル等の要所要所で使うようにするのがおすすめです。
有彩色の中で一番明るい色であり、光や太陽を連想させることから、
野外イベントやライブのチラシ、ポスターにピッタリです。
また、黄色は左脳を刺激する色だとされているため、学習塾など教育施設の告知にもよく使われます。

 

4.安心や癒しの色「緑」

緑色が与えるイメージ例
・ナチュラル・リラックス・やすらぎ・穏やか・やさしい・快適さ

緑色は、樹木や草葉を連想させる色。オーガニックな素材やナチュラル志向のカフェなど特に相性が良い色です。
また登山などのアウトドア関連の製品・サービスにも緑色はよく使われます。

緑はもっとも人間の目に優しく、刺激の少ない色であると言われています。
じっくりとチラシを読んで欲しい時や、チラシを読んでゆったりした気分・良い気分になってほしい時にも選びたい色です。
衛生面を重視する薬局や医療施設、新鮮さや自然派を売りとする飲食店のチラシやポスターに好まれるほか、
マッサージ店などリラクゼーション系施設にも人気のある色です。

 

5.陽気・元気な印象の色「オレンジ」

オレンジが与えるイメージ例
・暖かい・家庭的・懐かしい・ぬくもり・親しみやすい・楽しい・若い

オレンジは赤に比べて優しい、暖かさをイメージさせる色です。
その温かみと明るさは「家庭の灯り」を連想させるため、「ホーム」「ファミリー」「家族で囲む食卓」等を
イメージさせるサービス・製品によく合います。

くすみの無いオレンジには、若々しさやスポーティなイメージもあります。
若年層をターゲットにしたサービスやスポーツアイテム、健康食品などでもオレンジは相性の良い色合いです。

 

6.かわいさと女性らしさの「ピンク」

ピンクが与えるイメージ例
・女性らしい・華やか・丸い・しなやか・優しい・柔らかい

ピンク色は常に女性的という印象が強く、少女的なものという捉え方が主流でした。

しかしピンクにも色々な色調があり、その濃さも様々で、それにより多くの意味を与えられるのです。
不安を和らげたり、優しい気持ちになることを促す効果もありますので、化粧品や美容関連等、
女性向けのサービスではピンクがとても用いられやすいです。
そのため平凡なデザインだと他に埋もれやすくなります。
色味や合わせる色、デザイン等で差をつけるように気をつけましょう。

 

7.清潔さと神聖さの「白」

白が与えるイメージ例
・清潔・キレイ・純粋、ピュア・神々しい・神聖・広い

「白」は昔から他の色味の混じらない色として、神聖な扱いを受けてきました。
ウエディングドレスが真っ白なのも、純潔さを感じさせる色だからです。
現在でも白は「清潔さ」や「スッキリとした美しさ」を表す色として、医療や美容等、幅広いチラシに用いられています。
もちろん、ウエディング関連にも欠かせない色です。
シンプルさ、純粋、純真、完全などを表します。清潔であるような印象を与える場合もあり、クリーンかつモダンなミニマルデザインによく用いられる色でもあります。

白を多用したチラシデザインは、紙質の質感が強調されやすいです。
厚手で凹凸のある紙やツルリとした手触りのコート紙等では高級感が演出できますが、
薄手の紙質だと安っぽさが目立ってしまうこともあります。

 

8.厳格とスタイリッシュな「黒」

黒が与えるイメージ例
・クール・スタイリッシュ・モダン・威厳がある・夜・男性的・ワイルド

強さや高級感といったイメージがある一方で、ネガティブなイメージもある色です。
有彩色を引き立てつつ、高級感やモダンなイメージを出すことができる色です。

黒は夜闇を感じさせる色でもあります。24時間営業のトレーニングジムといった「深夜営業」をする店の宣伝には特に効果的です。
黒は、見る者に『真摯』なイメージを与えます。力やラグジュアリーさ、洗練、そしてエクスクルーシブな印象も与えます。
更に、権力といったニュアンスもあり、力強くクラシックなムードを醸し出しながら、強さを感じさせる場合もあります。

黒のかもしだす「威厳」のイメージの強さは、小さな子どもには「暗い、怖い」という印象を与えてしまうことも多いです。
そのため例えば同じ「自動車販売」のチラシでも、ファミリー向けの製品だと黒を使うのは避けます。

 

いかがでしたでしょうか?
全体的な色のイメージによって見え方や与える印象が全然違ってきます。
チラシ作成の時には、このように色についても考えて作成してみるといいかもしれませんね。

 


■デザイン・印刷のご相談なら…アド・コアに全てお任せ!
デザインから印刷・納品まで全て弊社にて承ります。
一貫してスムーズに行えるよう専任の営業スタッフがサポートします!

■デザイン・印刷のことならまずはご相談ください!
新聞折込チラシ・ポスティング・リーフレット・パンフレットなど
各種印刷物全般を取り扱っております。専任の営業スタッフがご提案させて頂きます。


お問い合わせは、

お電話 03-5952-8486まで!
または、
お問い合わせフォーム
よりお気軽にご相談ください。